よくある質問と回答

マグナロックシリーズの電源は?

DC12またはDC24Vで作動します。
マグナロックには、全機種対応の国産の純正コントローラー「マグナロックIFコントローラー:MG-IF1000」がありますので、是非ご利用ください。

電源器をご自身でお探しの場合のご注意

機種によってはどちらでも動くものや、DC24Vのみのタイプもありますので、使用タイプによって、電源をお選びください。
電源は一般的なスイッチング電源を使用します。但し、同じ電源で周辺機器を作動させる場合には、信号出力のマッチングの関係を考慮して、リニア電源を使用される事をお勧めします。
また、マグナロックの消費電力は消費電力が多いタイプでも4.2Wと経済的です。
電源器を選ぶ場合は、電源の余力を考慮して、2倍(8.4W)以上の出力の電源を使用してください。
また、同じ電源で周辺機器への電源供給をする場合は、周辺機器の消費電力を確認してお選びください。

※ マグナロックのスイッチの入り切りは2次側(出力側)で行なってください。

コンセントからの電気(AC100V)で動くのですか?

直接は動きません。弊社のものに限らずこれら保安機器はほとんどDC24VまたはDC12Vで動きます。変圧器(ACアダプター)で変換してください。変圧器の容量は使用する機器の2倍以上の余裕をもたせてください。                                  
マグナロックや操作機器に直接AC100Vを流すと壊れて回復しません。

 電圧が低かったり高かったりするとどうなるのですか?

許容範囲を設けてありそれを外れると動きません。コンセントからのAC100Vを直接流すと壊れます(回復できません)。

マグナロックは停電したらどうなりますか?

停電した場合、即解錠されます。

マグナロックはアメリカで非常口向けに開発された製品ですので、フェイルセーフの概念で作られています。
停電時に解錠されたくない場合は、他の錠前(一般錠や電気錠を日中解錠、夜間施錠などの運用)と併用されるか、停電時のバックアップ電源で補助する必要があります。

大小ありますがどれが適するのですか?

基準としているのは540kgのM62シリーズです。外部との境界に位置させるとなるとこれだけの力は必要と見ています。270kgのM32シリーズは内部の扉で入退室管理向きです。M32シリーズは格闘技家やスポーツ系の方が走って体当たりすると外れることがあります。810kgのM82シリーズは公園の門扉や金融機関の扉などに向いています。

屋外で使えますか?

防水仕様のものは屋外で使えます。ただし吸着面やストライクプレートは鉄製ですので錆びは必ず発生します。錆びが著しく進行し吸着面が粗い状態になると、施解錠信号が正しく出なかったり吸着力が低下したりしますので、定期的に清掃が必要です。

扉が薄いのでMCL24がいいのですが?

吸着力90kgは普通の人でも全力出すと外れます。人が出入りするところには保安上 適しません。

マグナロックはどのタイプの電気錠にあたりますか?

通電時施錠型 です。

施解錠信号はとれますか?

マグナロックBタイプや施解錠出力接点付きのタイプが とれます。

閉扉開扉信号はとれますか?

マグナロックBDタイプが とれます。それ以外の製品は扉に開閉スイッチ(マグネットスイッチなど)を併設して信号をとるようにしてください。

遠くからでも引き寄せますか?

吸着後の吸着力はありますが吸引力はありません。したがってクローザー兼用にはなりません。扉は手または別に用意したクローザーで閉めてください。磁力の放射による周辺の電子機器への影響を防いだり、吸引力による挟まれた物への圧迫損害を防ぐためです。

プラスマイナス逆につないで反発させられますか?

マグナロックシリーズの場合は極性逆につなげると動きません。故障の原因になりますのでやめてください。

制御盤はありますか?

単に操作するだけならMG-IF1000があります。他の保安機器などと接続せず単独運用だというならこれで済みます。

火災報知機と連動できますか?

MG-IF1000を併用の場合、火災報知器から無電圧b接点出力を受けて連動します。

制御盤は必要なのですか?

弊社のテンキーやタッチスイッチ、タッチセンサーバーを併用し他の保安機器類とつなげず単純な運用をするだけなら「制御盤」と称するものは必要無く、ほかにDC24V(機器によりDC12V)の電源があれば運用できます。

他社の制御盤で動かせるのですか?

制御盤が「通電時施錠型」電気錠に対応していることが条件です。そのうえで
①ほとんどの場合、MG-IF1000を中継器として使いマグナロックと制御盤の間につなげることで動かせます。
②制御盤が決められた時間内に閉扉確認→動作→施錠確認と順に制御する仕組みのものはマグナロックBタイプにさらにドアスイッチ(マグネットスイッチなど)を設置してください。
②マグナロックBDタイプなら直結できます。その際、制御盤の電源に余裕があるか注意してください。
なお、制御盤メーカー様はマグナロックと組み合わせた場合のサポートは一切しておりません。スガツネ工業は動作確認はしていますが動作保証はしておりません。

アイホン用のインターホンと組めますか?

インターホンに解錠スイッチがありますが出力線が通信規格の「JEM-A」線なので、この端子を備えた他社様制御盤(と中継器MG-IF1000)が必要です。
またはインターホンはあくまで通話に使うだけとして、電気錠のシステムは別に設けることです。

パナソニック様製電気錠システムの中にマグナロックを組み込めますか?

パナソニック様製制御盤は「通電時施錠型」電気錠に対応していないため、できません。MG-IF1000コントローラーを中継しても動きません。

カードリーダー(他社のスイッチ)で動かせますか?

一般に汎用型の操作機器は合致に連動する無電圧c接点出力を内蔵していますので、制御盤へ接続ならこれのa接点部分を使い運用できます。各種認証スイッチも原理は同じものがほとんどです。マグナロック直結ならこれのb接点部分を使います。ただしこれだけだと瞬間解錠するだけなので解錠保持するタイマーも併用する必要があります。

マグナロックBDタイプは施解錠信号、扉開閉信号が出ると言っていますが、何か信号が出るのですか?

何か電波みたいなものが出るわけではありません。状態に応じて切り替わる二股スイッチとそこから電線が出ているだけです。この「状態のよってスイッチが切り替わる」という役割を「信号」という言葉に置き換えているのです。実際には制御盤から+線を二股スイッチの根元につなぎ、このスイッチを通過し制御盤の-に戻り制御盤にある状態表示ランプが点く消えるで状態を確認するのに使っています。

マグナロックと制御盤が離れているのですが

遠くなると電圧降下の影響がでるので、距離に応じて太い電線を使用してください。15mまで0.3sq、50mまで0.5sq、100mまで1.25sqが目安です。

吸着が弱いのですが

製品の性能以外の原因では、
①一見扉は閉まっているが実はマグナロック本体にストライクプレートが届かず吸着していないことがあります。
磁石なので面で付いていないと吸着力はほとんどゼロです。建付け変動で点接触や線接触になってしまったらやはりほとんどゼロです。
②電源容量不足。消費は電源容量の1/2~1/3程度に抑えるようご配慮ください。

タッチスイッチSP1を組み合わせましたがいつも解錠しっぱなしです

①感度を上げすぎていませんか。最大にすると何も触れないのに感知しっぱなしになります。

②金属板などの導電体が隣接していませんか。これにも感知してしまうことがあります。

マグナロックについて電磁波による影響はありますか?

マグナロックからの放磁は150mm以上離れれば、地磁気(約0.05mT*)以下です。

*mT=ミリテスラ:1mT=10ガウス

マグナロックは多くの病院や老人ホームなどの物件でもご利用いただいている安心設計の電磁錠です。

参考までに、主な磁気に影響する機器との関連を記します。

>ペースメーカーについては、直接触れない限り影響はでません。
>磁気ディスク等については150mm以内に近づけないでください。
>ドアの開閉信号用として、マグネットスイッチを利用される場合は、
  一般的なタイプで50mm以内に近づけないでください。
  (マグネットスイッチの種類によって差があります)

詳しくは[マグナロックの電磁波の影響について]⇒pdf-icon.gif(pdfファイル)ダウンロード

をご覧ください。

施解錠信号がよくエラーになるのですが

機器の故障以外の原因では、マグナロック本体とストライクプレートの相互位置が大きくずれた場合や吸着時に吸着面の一部が僅かに浮き上がっている場合に、吸着自体はしても信号は「解錠」と出ます。これは製品側からの警告ともとれます。マグナロックの位置や扉の建付けを確認修正してください。

両開き扉には使えますか?

使えますが、

①片方の扉は別の手段で予め固定すること

②マグナロック本体とストライクプレートは正面方向から近づく離れるという位置関係であること

が条件です。

操作スイッチを複数ヵ所設けたい

MG-IF1000や制御盤を用いている場合は、無電圧モーメンタリーa接点出力スイッチを、制御盤の入力端子へ並列接続します。マグナロックを直接操作する場合はタイマー保持付き無電圧b接点出力スイッチを、電源とマグナロックとの間に直列接続します。

制御盤、操作表示機の開扉ランプや解錠ランプを働かせることはできますか?

マグナロック側にそれに相当する出力(BDタイプ、Bタイプ)があれば使えます。

制御盤にマグナロックを何台つなげられますか?

ノーマルタイプなら制御盤の電源の容量が賄えるだけの台数はつなげられます。ただし一般に制御盤の指令は1系統なので全部が一度に動きます。個別に動かすことはできません。Bタイプなど信号付きタイプは信号が混信するので制御盤が受け付けない場合があり1台しか使えません。

マグナロックを門扉など大型引き戸に使うときの注意は?

マグナロック本体が、扉の衝撃を直に受けない様に施工をお願いします。

マグナロックを門扉などに使用した場合、扉が閉まる際の衝撃をそのまま受けてしまい、本体が故障してしまう事例があります。

開きドアの場合は、多くの場合は、ドアクローザーなどで、衝撃を緩衝する装置がありますが、引き戸の場合は、殆んどの場合緩衝装置がありません。
戸当りなどの緩衝装置を利用するなどの、扉が閉まる際の衝撃をマグナロックが直接受けない様にしてください。

マグナロック取付部品の衝撃吸収パーツセットSASMの使用をお勧めします。

 

  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon
  • icon

banner

ホーム > よくある質問と回答
  • icon
  • icon
  • icon